審査甘いサラ金

最終更新日 2016.6.4

激甘金融会社一覧

サラリーマン金融の歴史は昭和三十年代に団地の奥さんたちを相手に小口金融を始めたのが最初と言われています。その後、対象がサラリーマンになり代わり、名称も消費者金融へと変貌していきました。なぜ名称が変わったかと言いますと、一時期サラ金の厳しい取り立て行為が社会問題となってサラ金という名称のイメージが悪化したからです。現在では、大手資本の銀行が金融会社を実質経営していることから、クリーンなイメージとなって昔のサラ金の時代とは大きく変わりました。ただ、名もない街キンや水面下に潜って多重債務者やブラックを相手に営業をしている闇金融などは、一昔と何一つ変わっていませんし、もしかすると昔より悪質になっているかもしれません。闇金融は一見普通の貸金業に見えてしまうこともありますので、貸金業登録をしているかいないかをチェックポイントにして下さい。

確実に借りれる方法

サラリーマン金融会社から確実にお金を借りるには、借入審査を通過しなくてはいけません。審査に通るためには、申し込みをする消費者金融の審査基準に合格することが第一条件になります。審査基準はどの金融会社でも同じですが、規模が大きい金融会社ほど審査条件も厳しく、逆に規模の小さいサラ金は審査が甘く設定されています。したがって審査に自信がない人などは、規模の小さい街キンで審査を受けるとお金が借りれる可能性が高くなるということです。但し、中小の金融会社は審査がやさしいのですが、金利は高くなります。審査の条件を甘くして多重債務者にも融資をするには大きなリスクがありますので仕方ないと思います。低金利で融資を受けたいと考えるなら、大手銀行系のキャッシングローンを活用すべきでしょう。借入件数が4件以内で総量規制対象外の人ならば、審査に通ると思います。

主婦レディースローン

総量規制が施行されて以降、専業主婦への融資は難しくなりました。以前は夫がサラリーマンで定職に就いていれば、その妻も無条件で融資が可能でしたが、夫に内緒でブランド物の購入やホスト遊びをして借金を膨らます主婦などが増えたことから、規制されたのです。その割を食ったのが専業主婦で、どうしてもお金が必要な時にキャッシングが出来なくなりました。もっとも夫の承諾書があれば、大手の消費者金融でも中小のキャッシングローンでも審査に通りますので、きちんと承諾書を準備すべきでしょう。どうしても夫に内緒で借りたいと考えるなら、専業主婦でもキャッシングが可能なサラ金会社も、探せば存在します。闇金融の部類になりますので、あまりお奨めできませんが。

金融会社の長所短所を徹底比較しています。

0今日のお奨め金融はコチラ
消費者金融一覧

サラリーマン金融の知恵